同盟軍の帝国領侵攻作戦

帝国暦487年8月?10月

同盟軍の帝国領侵攻作戦に対し焦土作戦を行う。


この作戦は、オーベルシュタインが計画立案したものと思われる。でないと、この戦いのあと、一気に中将にまでなる表向きの理由がない。キルヒアイスが好まないであろう焦土作戦ということで、ラインハルトもキルヒアイスには相談を行っていないと思われる。キルヒアイスは、作戦そのものより、ラインハルトとの距離が広がった事に不安を感じていたのではないだろうか。