語彙の最近のブログ記事

オーベルシュタインがキルヒアイスを部下の一員として扱うようラインハルトに進言したもの。

「組織にナンバー2は不要でである。無能であっても、有能であっても組織を損ねる。ナンバー1に対する部下の忠誠心は、代替のきくものであってはならない。」

たしかに、ナンバー2がいるだけで、本人の意志には関係なく問題の火種にはなりやすいですが、ナンバー1に問題が起きたときは、ナンバー2がいないと組織が瓦解する危険もあると思われます。